借入金額によって月々の返済額変わる

カードローンの返済方法は毎月決まった日に月々の最低返済額を入金するのが一般的です。最低返済額を期日までに入金すれば、残高がまだあっても滞納扱いにはなりません。ところでこの最低返済額ですが、皆さんの残高によって変わってきます。基本的に残高が少なければ少ないほど、月々の返済額も少なくできます。

このようにケースバイケースですが、たいていのケースで数千円・多いカードローン会社でも1万円といったところが相場です。この最低返済金額もカードローン選びの時の判断材料にしてみるといいでしょう。その金額を月々用意できるかシミュレーションしてみることです。

最低返済額が少ないのはメリットだけではない

最低返済額が少ないと、家計のやりくりもしやすくなりますし、ほかの部分にもいろいろとお金をかけられるのがメリットです。しかし最低返済額が少ないとデメリットもある点も理解しておきましょう。最低返済額が少なければ、それだけ残高の減っていくペースも遅くなります。返済期間が長くなって、結局総額でみると余計なお金を支払っていることにもなりかねません。

もし最低返済額の少ないカードローンを利用するのであれば、お金に余裕のある時にはどんどん随時返済をしていくことです。そうすると残高の減っていくペースも早くなって、返済期間を短くできます。利息の支払い額も少なくなりますから、返済負担も軽減されます。返済シミュレーションを用意しているカードローン会社もありますから、こちらを活用してみてもいいでしょう。