消費者金融を利用していると、限度額を増やしたい、もっと沢山のお金を借りたいと思うこともあるでしょう。不用意に増やすことはおすすめできませんが、万が一のために限度額だけでも引き上げることは悪いことではありません。では、どうすればカードローンの限度額を引き上げることができるのでしょうか。

カードローンの限度額は自動的に引き上がる?

実はカードローンの限度額を引き上げることはそこまで難しいことではありません。長期間カードローンを利用していて、問題なく毎月しっかりと返済している場合は、カードローン会社側から引き上げの連絡が来る可能性があります。

最初のうちは信頼度があまりなく、限度額を引き上げることも難しいでしょうが、カードローン会社から借りたお金をきちんと返済していれば、信頼のできる人だという認定を受け、引き上げが自動的に行われます。

カードローンの限度額があがったからといって、無理に借り入れ金額を増やす必要も、限度額ギリギリまで利用をする必要もありません。あくまで、このくらいまでなら借り入れをすることが出来るという安心感を得ることができるのです。

自分から限度額の増額申請をする方法とは

カードローンは利用をしていれば比較的簡単に限度額の引き上げが可能です。しかし自分から申請をして限度額を引き上げることもできます。 増額を申請するときには、カードローンを最初に申請したときと同じような審査があります。そのため、審査に受からなければ増額をすることは出来ません。

増額審査では利用実績をはじめ、さまざまな個人情報がチェックされます。過去に審査をしたものではありますが、今はカードローンを利用してきたという経歴がある状態となっています。また、過去と年収や状況が変わっている可能性もあるでしょう。そのため一般的なカードローンの初回借り入れ審査と同じくらい慎重に見られるはずです。

限度額審査は、頻繁にカードローンを利用していて返済もしっかりと行っている人であれば、比較的通りやすいでしょう。増額の理由について聞かれる場合がありますが、理由は引っ越しなどで一時的な出費があるなどと答えるのがベストです。

増額の申請は、できれば一年に一度、最低でも半年に一度の申請が理想です。頻繁に行いすぎると審査に落ちてしまう可能性が高いので、頻繁に増額の申請はしないようにしましょう。増額をしたい場合は頻繁にカードローンを利用し、時期を見て申請をするのが一番通りやすいです。